ベビー服の水通しの必要性

新生児肌着やベビー服など、購入した後に初めて赤ちゃんに着せる場合は、まず水通しをしておきましょう。水通しは洗剤などを使わずに購入した衣類を水洗いすることです。

水通しをすることで、ホルムアルデヒドや糊などを除去することができ、赤ちゃんの肌に刺激になるものを取り除くことができます。また水通しをすることで、衣類を柔らかくすることができ、汗を吸いやすくなるなどのメリットがあります。出産準備として、多くのお母さんはだいたい妊娠34週目ぐらいまでに赤ちゃんの衣類の水通しを済ませているようです。

水通しをする際には、洗濯機で大人の衣類とは別に赤ちゃんの衣類だけを洗います。弱洗や水洗いコースに設定して洗剤を入れずに洗いましょう。洗面器などを使って手洗いをする場合は、そっと押し洗いをします。気になる場合は洗剤を使ってもよいのですが、赤ちゃんの衣類用の洗剤を使用したり、洗剤が残らないようにしっかりすすぎましょう。また、干す際にはしっかり乾かすために天気のよい日に水通しを行いましょう。半乾きの状態で保管してしまうと雑菌やカビなどの原因になるので注意が必要です。衣類の他にもガーゼハンカチやタオルケット、布製のおもちゃなども水通しをすることで安心して赤ちゃんに使用することができます。

短肌着にはこんな使い方もある

生まれたばかりの赤ちゃんは、動きも活発ではなく、基本的にずっと寝ている状態なので、短肌着であれば寝かせたままでも着替えがしやすいです。短肌着を使用する期間としては、赤ちゃんの首が座って動きが活発になり、かぶりものの肌着や衣類の方が着替えさせやすくなったら、短肌着を卒業するころになります。

短肌着は一枚でも洋服の下に着せることができますが、夏場の暑い時期などは短肌着とおむつのみで過ごすこともできますし、冬場の気温が下がる時期などは、長肌着やコンビ肌着の下に着せて体温調節をすることもできます。具体的な組み合わせとしては、春や秋など過ごしやすい気候の時期は、短肌着とベビードレス、室内で寝ているだけなら短肌着と長肌着などの組み合わせがあります。夏場の暑い時期は短肌着のみ、冷房や朝晩の肌寒い時間帯には短肌着とコンビ肌着、ベビードレスなどの組み合わせがあります。冬場の寒い時期には短肌着とコンビ肌着や長肌着、ベビードレスやベストなどの組み合わせがあります。赤ちゃんは体温調節を上手く行うことができません。また寒い、暑いなど自分で意思表示をすることができないので、肌着や洋服で調整をして快適に過ごすことができるようにしましょう。

 

一年を通して使える短肌着とは

新生児肌着やベビー服の中でも、一年を通して赤ちゃんに着せることができるのが短肌着です。短肌着は腰あたりまでの丈になっていて、胸元で着物のように合わせて紐で留めるタイプの肌着です。丈が短いので着ている赤ちゃんは動きやすく、さらにおむつ替えや着替えもさせやすいので重宝する肌着です。

短肌着の素材は、フライスや天竺、ガーゼなどが基本です。フライスはリブ編みの木綿生地で赤ちゃんの肌着の定番素材です。肌触りがよく、伸縮性や吸湿性に優れています。天竺は平編みの木綿生地で、風通しがよく乾きやすいので、汗をかきやすい季節におすすめの素材です。ガーゼ素材は、さらりとした肌触りと乾きやすさが特徴の素材で、赤ちゃんの肌着と言えばガーゼをイメージする人も多いのではないでしょうか。また気温が下がる冬場などの場合は厚手のタオル生地であるパイルやスムースなどの素材がおすすめです。

短肌着と一言で言っても様々な素材があるので、季節や赤ちゃんの好みに合わせて選んでみましょう。出産準備の際には、短肌着の他にも長肌着やコンビ肌着などの種類もあるので、ひとまず5枚程度購入しておいて、必要に応じてあとで買い足すのもよいのではないでしょうか。

新生児肌着ってどんな種類があるの?

赤ちゃんにとって肌着はとても大切な衣類です。大人になるとコーディネートなどが中心になって、肌着の機能性などをあまり気にしないことも多いのですが、赤ちゃんは違います。赤ちゃんは外出する機会も少ないし、ほとんど寝ているんだから、肌着はどれでも同じなのでは?と思うお母さんもいるのではないでしょうか。ですが、赤ちゃんにとって肌着は、肌に直接当たり、常に着ているものなので、汗を吸収しやすく、肌に刺激が少ない、月齢や赤ちゃんの動きに合わせたものなど、快適にそして清潔に過ごすためにとても重要な役割を持っているものです。

赤ちゃんの肌着には、大人の肌着とは違って、赤ちゃんの肌を傷つけない、負荷をかけない工夫がたくさんあります。例えば、縫い代やタグは外側についています。金属やプラスティックが肌に当たらないように、紐で結ぶタイプがほとんどで、ほどけた糸を誤飲することがないように縫い代は必ず返し縫いになっています。また首周りは首や顔などへの刺激を考慮してパイピング処理が施してあります。この他にも常備な生地で洗濯がしやすい、無駄な飾りはなく、肌を傷つけないデザインになっています。

赤ちゃんの肌着には、短肌着、長肌着、コンビ肌着など、ベビー用の肌着をお店などに見に行くと、様々な名称で販売されているのですが、ここでは一年を通して使用することができる短肌着について紹介させていただきます。短肌着は新生児肌着の中でも基本の肌着となるので、他の衣類と上手く組み合わせて、赤ちゃんが快適に過ごすことができるようにしてみましょう。